FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱せっけん~その②

04 09, 2015 | Tag,入浴法,洗顔,,石鹸
さて今回は、現在私が実践している、
「脱せっけん生活」をご紹介いたします。
もちろん宇津木先生のやり方を基本にしておりますが、
少々私流にアレンジを加えている所もございます。(^^ゞ
ご参考になれば幸いです。

1. 入浴法
宇津木先生はぬるま湯のシャワーで流すだけで、
体の汚れは十分落ちると仰ってますが、
私は湯船にゆっくり浸かるのが好きだし、リラックス法でもあるので、
ここはタモリ式に10分程湯船に浸かり、体の汚れを浮き上がらせます。
お湯の温度は38度位のぬるめの方が
体の皮脂を取り過ぎないので良いらしいのですが、
私は熱めのお湯が好きなので、ここも気持ち良さを優先して(笑)、
いつも40~41度位のお湯に浸かっています。

自己メンテ・脱せっけん入浴法

お風呂に入るのが自分ひとり、もしくは自分が最後、という方は、
そのまま湯船の中で体を洗っても良いと思います。
私は湯船に10分浸かった後、湯船から上がって洗います。
もちろん石鹸も何も付けず、手で優しく撫でるように洗っていきます。
汚れが溜まっている箇所は、こうして撫でているだけで、
ポロポロと垢が出てくることがあります。
この時、強くこすってはいけません。
摩擦は肌にダメージを与え、シミの原因にもなります。
あくまで軽く撫でる程度の圧で出てくる垢だけを取り除きます。

首筋やデコルテ、腕など、
日焼け止めクリームを塗った箇所がある場合は、
その部分は石鹸で洗います。
この場合もタオルやスポンジなどは使わず、
石鹸を泡立てた手で優しく洗います。
それとデリケートゾーンですが、宇津木先生は、
「人間の体から出るもので、水で洗い流せないものはひとつとしてなく、
 汗も皮脂も血液も、大便も小便もすべて水で流せる」と書いておられます。
因みに健康な体から出てくるオシッコには、菌は含まれていないそうです。

うんちは大腸菌を含んでいますが、これも水で流せるそうです。
細菌の大きさというのは、1ミリの1000分の1~10程で、
そのような小さな細菌など流水の水圧を受けたら、ひとたまりもないそうです。
運よく流されずに生き延びた細菌がいたとしても、
菌が増殖するためには自分たちの「根城」が必要で、
その「根城」を作るには、一般的には10万個以上の菌が必要とのこと。
10万個未満の菌は、マクロファージやガンマグロブリンといった
免疫細胞にやっつけられて、感染することは不可能なのだそうです。

なので、菌というのは石鹸でむやみに取り去る必要はなく、
水で流して、その数を減らしておけば十分だということです。
…ですが~、私はデリケートゾーンに関しては、
まだ石鹸で洗っております。(^^ゞ
それと耳とその周囲も、時々石鹸を使います。
何となくここは石鹸を使わないと感覚的に気持ち悪い、という箇所は、
無理してすぐに脱せっけんすることはないと思います。
その辺りは自分の感覚に従って判断していきましょ~。

ただ、使用する石鹸は、ボディソープや化粧石鹸のような
化学物質を含んだものではなく、
昔ながらの製法で作られた無添加の純石鹸が良いそうです。

そうそう、足のニオイを気にしている方は、
それこそ必死で石鹸で洗っていることと思いますが…逆効果です。
石鹸で洗うと常在菌が減って雑菌が増殖し、それらがニオイの原因になるそうです。
指と指の間など足全体を隈なくキレイに水で洗っておけば、
次第に足のニオイは収まっていきます。

2. 入浴後のボディケア
宇津木先生は、「脱化粧品」も提唱しておられる方ですから、
入浴後の肌にも何も付ける必要はない、とのお考えです。
ボディ用化粧品のほとんどに含まれている界面活性剤やその他化学物質が、
お肌に悪影響を与えるからです。

…とは云いましても、今までボディクリームや何やかやで
散々甘やかしてきた肌に、いきなり何も付けないというのは、
ちょっとツライ…という方も多いと思います。
そんな場合、宇津木先生が唯一塗ることを承認しているオイルが、
ワセリンです。
ワセリンは肌の表面にバリアを張るだけで、肌の内部には浸透せず、
また酸化もしにくいからです。
できれば純度の高い白色ワセリンが良いそうです。

私は脱せっけん入浴法を実践してまだ間もない頃、
このワセリンとホホバオイルを併用していました。

自己メンテ・オイル

ワセリンはテクスチャーがかためなので、
広範囲に塗布するには少々大変なところがあります。
なので私は入浴後、乾燥が気になる腕や脚には、
ホホバオイルをのばしていました。
どうしてもワセリンを使いたい場合は、手の平で温めて柔らかくして、
優しく押しづけしていくと良いかと思います。

今はもうホホバオイルは使っていません。
何も付けなくとも、腕も脚も乾燥しなくなりました。
気にしていた肘から下の皮膚もキメが整ってきたように思います。
これも石鹸を使わなくなって、皮脂のバランスが整って、
毛穴が小さくなってきたせいだと思います。

なので、今は足の裏やかかとなどに少量のワセリンをのばす程度です。
入浴後のボディケアも、大幅に短縮されました。

3、日頃の手洗いについて

外出先から家に帰ったら、石鹸で手を洗うことは常識になっていますが、
前述したように、あらゆる菌はほとんど水で洗い流せます。
なので、インフルエンザとかノロウイルスのような病気が
流行っている時期でもない限り、特に石鹸で洗う必要もなさそうですが、
まぁこれについては、個々の感覚で判断されてください。
トイレの後も同様です。
因みに私は、特に感染性の病気が流行している場合を除いて、
帰宅後の手洗いは水洗い、オシッコの後も水洗い、
うんちの後は軽く石鹸で洗うようにしていま~す。

4、洗顔について

洗顔については、「脱化粧品」の記事で書こうと思っていましたが、
石鹸を使わない水洗顔をまず先に習慣化した方が、
その後「脱化粧品」にも入りやすいと思うので、
今回書くことにいたしました。

というのも、洗顔に石鹸を使わなくなると、
自然と基礎化粧品を使う量が減ってくるのです。
これは洗顔によって奪われる皮脂の量が、石鹸洗顔に比べて明らかに少ないので、
肌が化粧品による保湿をそれほど必要としなくなってくるからなのでしょう。

私自身、水洗顔を始めた当初は、
まだ脱化粧品を始めるつもりはなかったのですが、
化粧水、乳液、クリーム、いずれも使う量が自然と減っていきました。
その後、自然とクリームをやめ、化粧水をやめ、
つい最近、乳液もやめるに至りました。
現在の私のスキンケアは美容オイルを少量付けるだけです。
…これもいずれやめるかも知れません。

まぁ脱化粧品については、またいずれ詳しく書くとして、
ここでは宇津木式水洗顔の方法を。
水洗顔と書きましたが、正しくは34~35度位のぬるま湯で洗います。
手の平で湯をすくい、その手の桶に顔を浸します。
手の平を顔に触れたまま、手を顔に押し付けたり引いたりして、
その水の圧で汚れを洗い流していく感覚です。
肌をこすったり、水を勢いよくパシャパシャと顔にかけてはいけません。
強いシャワーを顔に当てることも厳禁です。

もちろんメイクをした日や、日焼け止めクリームを塗った日は、
石鹸洗顔をします。
その場合もやはりフェイスソープや洗顔剤を使うのではなく、
純石鹸が良いそうです。
純石鹸をネットやスポンジで充分に泡立て、
指の腹で細かい部分を洗った後、全体を泡で押し洗いしていきます。
(詳しくは宇津木式スキンケア事典をご覧くださいね)

メイクもクレンジング剤は使わず、
なるだけ石鹸だけで落とすことを宇津木先生は勧めておられます。
というのも、クレンジング剤にはクリームにしてもオイルにしても、
大量の界面活性剤が入っていて、これが肌を荒らし乾燥させるそうです。
クレンジングをやめるだけでも、肌の状態が良くなると云われています。
実際、ファンデーションは石鹸でほとんど落とせるそうで、
たとえ肌にファンデが少し残ったとしても、
3日後くらいに垢と一緒に落ちるそうです。

私たちは、これまで散々聞かされてきましたね。
スキンケアの基本はまず、その日の顔の汚れをキレイに落とすことだと。
でも実は、顔にほんのわずかに残ったメイクや汚れよりも、
クレンジング剤の方がよほど肌には有害なのです。

それでも、やっぱり私はメイクをクレンジングでスッキリ落とさないと気持ち悪い!
という方には、DHCの「ディープクレンジングオイル」をお勧めします。

自己メンテ・フェイスケア

云わずと知れたDHCのベストセラー商品ですが、
何とこのオイルは石油系界面活性剤不使用です。
(注:DHCの他のクレンジング剤には界面活性剤が使われています)
因みに私もこれはまだ使っています。(^^ゞ
今はまだ顔全体に使っていますが、
いずれはアイメークだけの使用に止めようかなと思っております。

ホホバオイルもクレンジング剤として使えます。
前出の写真のホホバオイルは無印良品のものですが、
良質でお値段もお手頃ですよ。

クレンジングのもうひとつの悪い点は、顔にのばす時に、
どうしても肌をこすってしまうことです。
こすることは、自家保湿因子をこすり落とすことになるので、
肌をますます乾燥させる原因となるそうです。

以上、長くなりましたが、
現在私が実践中の脱せっけん生活についてご紹介いたしました。
脱せっけん、いいかも?と思われた方は、
ぜひお試しになってみてください。
脱せっけんについてもっと詳しく知りたい方、もっと理論的に納得されたい方は、
ぜひ宇津木先生の本をお読みになってくださいね。


無印良品 ネットストア



ベビーワセリン(60g)【HLS_DU】 /[ベビー用品]







関連記事
-6 Comments
By kerobebe04 09, 2015 - URL [ edit ]

こんばんは♪

色々な美容法がある中で 何を選択するか難しいです。
美意識の高いわけではなく ずぼらな私・・・
省けるものなら省きたい!

婦人科でデリケートゾーンの洗い過ぎはダメ!と
言われてからは石鹸は使ってません。

昨日 一昨日とシャンプーだけ止めてみました(*'▽')
でも始めたパートが接客なので いきなりパサパサも困るので
コンディショナーはしました(・´з`・)

メイクが残っていても問題ない!のは衝撃です。
目じりに入ったファンデなど一生懸命落としていたのに!!!

少しずつ色々と試して(やめて?)みます(^_-)-☆

By 文伽04 09, 2015 - URL [ edit ]

コメントありがとうございます。(^^)

> 婦人科でデリケートゾーンの洗い過ぎはダメ!と
> 言われてからは石鹸は使ってません。

あ、お医者さんも洗い過ぎはダメ!と。
やっぱりどの部分も洗いすぎると反って雑菌が増えて、
ニオイも強くなるらしいですね。

> 昨日 一昨日とシャンプーだけ止めてみました(*'▽')
> でも始めたパートが接客なので いきなりパサパサも困るので
> コンディショナーはしました(・´з`・)

働いている人が脱シャンプーする場合、
いきなり完全にやめるのではなく、
シャンプーと湯シャンを1日おきに交代で行うとかして、
徐々にシャンプーの回数を減らしていくといいみたいですよ。
…そのうち、脱シャンプーの記事もアップしますね!(^_-)

> メイクが残っていても問題ない!のは衝撃です。
> 目じりに入ったファンデなど一生懸命落としていたのに!!!

私もこれは意外でした。
それだけクレンジングに含まれる成分と肌をこする行為の方が、
お肌に悪いということなんでしょうね。

> 少しずつ色々と試して(やめて?)みます(^_-)-☆

ハイ、できることから始めてみてくださいね~♪(*^^)v

By PHiRo♪04 10, 2015 - URLedit ]

とてもためになりましたφ(*'д'* )メモメモ

ワリセンは私も以前から感心をもっていたので、これを機会に購入してみようかと思います。

あと日焼け止めは使ってもいいんですね(◍'౪`◍)♡
これだけはどうしても外せないなあと思っていたので(笑)

正式なやり方を自分のやりやすいようにアレンジするのは長続きの秘訣だと思います。私も私なりにちょっと考えてみようかと思いました❤

By アクアマリンちゃん04 10, 2015 - URL [ edit ]

こんばんわ~

何もかもを鵜呑みにして始めるのではなくて
自分の出来る範囲で徐々に移行する
文伽さんのような方法なら無理なく出来そうですね!
私も熱めのお湯に浸かるのが好きですし~

ですが、お水だけで清潔になる!なんて
まだ半信半疑な感じがしちゃったりして、えへっ
だってお家に帰ったら石鹸で手を洗いなさいって、
身体は泡立ててよく洗いなさいって、育ちましたものね。
刷り込みは大きいです(笑)

By 文伽04 11, 2015 - URL [ edit ]

コメントありがとうございます。(^^)

> ワリセンは私も以前から感心をもっていたので、これを機会に購入してみようかと思います。

ワセリンは安価だし、唇の荒れにも使えていいですよ♪
ワセリンの使用感について「ベタつく」という意見もよく見ますが、
多分それは付け過ぎが原因のようです。
宇津木先生は1回の使用量は顔全体に対して、
ゴマ1粒くらい(!)と書かれてますが、
それではちょっと心許ないので(笑)私は米1粒くらいは使ってます。(^^ゞ

> あと日焼け止めは使ってもいいんですね(◍'౪`◍)♡
> これだけはどうしても外せないなあと思っていたので(笑)

日焼け止めを使わないというのは、やはり無理ですよね(笑)。
ただ日焼け止めクリームを選ぶ時は、
紫外線吸収剤を使用していない低刺激のものがいいですよ。
それと1日15分以下の日差しなら、日焼け止めは塗らなくても大丈夫。
むしろ多少は日光浴した方が、骨も丈夫になって体に良いそうです。

> 正式なやり方を自分のやりやすいようにアレンジするのは長続きの秘訣だと思います。私も私なりにちょっと考えてみようかと思いました❤

無理なくできそうな所から恐る恐る(?)始めてみてくださいね~。(*^^)v

By 文伽04 11, 2015 - URL [ edit ]

コメントありがとうございます。(^^)

> 何もかもを鵜呑みにして始めるのではなくて
> 自分の出来る範囲で徐々に移行する
> 文伽さんのような方法なら無理なく出来そうですね!

やはり過激な(?)方法ですし、幾ら理論的に納得はしていても、
いきなり何もかもその通りにやるのはさすがに私もムリでした。(^^ゞ

> 私も熱めのお湯に浸かるのが好きですし~

でしょ~?(笑)
熱いお湯じゃないとお風呂に入った気がしないんですよ。
何か自分丸ごと煮沸消毒されてる感じで(笑)気持ちイイんですよね~。
これから暖かくなるにつれて、徐々にぬるめにしていこうかな。

> だってお家に帰ったら石鹸で手を洗いなさいって、
> 身体は泡立ててよく洗いなさいって、育ちましたものね。
> 刷り込みは大きいです(笑)

そうなんですよ。
子供の頃からの習慣を変えるんですからね。
最初抵抗があるのは仕方のないことだと思います。
私もまだ部分的に石鹸使ってますしね。(^^ゞ
自然と使う回数を減らしていければいいかなと思っています。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
プロフィール

文伽

Author:文伽
★性別:女性
★星座:獅子座
★血液型:O型
50代の独りモンです。
主に35歳以上の女性に向けて美容・健康・ライフスタイルに関する情報を発信しています。

管理人の姉妹ブログ
PR
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
PV
おすすめの本


脱化粧品、脱シャンプー、
脱せっけんの宇津木式美容法が、
これ1冊でまるわかり!
→レビュー記事はこちら



知っている人は知っている
「お金の法則」。
お金と相思相愛になりたい方、
必読です!
→レビュー記事はこちら



野心、忘れていませんか?
現状維持もいいけど、
今よりちょっと
上を目指して歩いてみませんか?
→レビュー記事はこちら



杉浦日向子の語る
江戸の粋と心意気。
貴方のの心を軽やかにする1冊。
→レビュー記事はこちら



ほうれい線が消える!小顔になる!
毎日のマッサージ習慣が
-5歳肌を作ります。
→レビュー記事はこちら
→関連記事はこちら

当ブログについて

当ブログはリンクフリーです。
どのページにもご自由にリンクして頂いて結構です。
ただし写真や画像への直リンクはご遠慮頂きますようお願いいたします。

当ブログの内容・写真及び画像の無断使用は固くお断りいたします。

当ブログの記事に関連性のない内容のコメント、及び誹謗中傷の類と判断したコメントに関しましては、削除させて頂く場合がございます。どうぞご了承くださいませ。

→以下詳細、免責事項はこちら

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。