スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさしく歌ってハリー

12 16, 2014 | Tag,男性ヴォーカル,ラブソング
師走の月も、もう半分が過ぎました。
…別にいつものように日常を過ごしているつもりでも
何となくせわしないですね(笑)。

でも本当に忙しくなるのはこれから。
忘年会にクリスマス、大掃除にお正月の準備、
その合間にお歳暮贈ったり、年賀状も書いたり…。
ああ考えただけで頭が忙しい(笑)。

そんな色んなことに振り回されて、ちょっとお疲れ気味の時は、
王子様のようにハンサムな男性の歌声に優しく包まれたい~
と思う私なのでありました。

という訳で今月ご紹介するのは、
アメリカ・ジャズミュージック界のスター、ハリー・コニック,jr.
ピアニスト&ヴォーカリストであり、俳優としても幾つかの映画に出演しているので、
ジャズ・ファンでなくともご存知の方もいることでしょう。
昔日本でもサントリー・リザーブ・ウィスキーのCMに出演していました。



とにかくピアノが上手くて歌が上手くて、ハンサムで華やかで…とまぁ、
これでスターにならない方がおかしい。
女はピアノを弾く男に弱い。まぁギターを弾く男にも弱いが。
要するに楽器を操る男に弱いのである(笑)。
まして弾き語りなぞされたらもう…メロメロですね。

ではまず1曲聴いてメロメロになって頂きましょう。



ムーディな演奏にデリケートなハリーのボーカル。
もうウットリととろけそうになります。

さて今回ご紹介するのは2009年に発表された『YOUR SONGS』。



邦題で『恋人たちのラブソング』と題されたこのアルバムでは、
ポップスのスタンダードの数々をハリーがカヴァーしています。
もちろんどれも素敵なラブソングたち。

「素顔のままで」
「好きにならずにいられない」
「遥かなる影」
「ベサメムーチョ」
「僕の歌は君の歌」
「魅惑の宵」
「スマイル」
「モナ・リザ」…

中でも私がこのアルバムを買う決め手となった曲は、
ボーナス・トラックに収められた「やさしく歌って」。
1973年にロバータ・フラックがヒットさせた曲で、
日本ではネスカフェのCMで使われて、広く知れ渡りました。
…CMでは歌詞がネスカフェ用に変えてありますが(笑)。



この曲が流行った当時、私はまだ小学生でしたが、
包み込むような温かいロバータの歌声とともに、
この曲が大好きでした。
確か日本でも誰かが日本語の訳詞で歌っていたと思います。

  あなたの声が話しかける
  わたしの心を知るように
  苦しい孤独 流した涙
  やさしく歌って わたしのために
  愛に似た声が傷ついた胸に
  忘れてた夢を呼び戻すように

この日本語の歌詞も、これはこれでなかなか良いものでした。

ただこの「やさしく歌って」の原題は、
「KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG」。
“彼の歌が優しく私を殺す”といった感じの意味ですね。

ハリーは歌う時にこの“his”の部分を“her”に変えて歌っています。

  まるで僕を知っているかのように 彼女は歌っていた
  僕の暗黒の 孤独の日々を 
  僕のすべてを見通していた
  まるでそこに僕などいないように
  彼女は歌い続けた
  はっきりと力強く歌い続けた

  その指で僕の傷口をかき鳴らし
  僕の人生を歌にして歌っていた
  僕は彼女の歌で 優しく殺されていった
  僕の人生のすべてを その言葉で歌って 優しく殺して

初めて聴いた歌が、
まるで自分のことを歌っているかのように思える。
或は今の自分の心情をまるで代弁しているかのような歌に出会う。
…そのような体験は、誰しもあるのでは?
この「やさしく歌って」は、
まさにそんな体験を歌った曲だったのですね。

“優しく殺す”とは、もしかしたら
“癒す”という意味もあるのかも知れません。
悲しみや苦しみの感情を“優しく殺す”ことによって、心を鎮められる。
そういう力を、歌は持っていますね。

今年も彼氏のいないクリスマスを迎えそうな私でありますが(笑)、
こうしてハリーに勝手に仮想彼氏になって頂いてですね、(^^ゞ
彼の歌う甘いラブソングにウットリと聴き惚れることにいたしますわ。(*^^*)

最後にもう1曲、ハリーのライヴを。
ビッグ・バンドを率いる彼の華麗でゴージャスなライヴ。
どうぞご堪能ください ♪





関連記事
8 CommentsPosted in 音楽
-8 Comments
By BARON DE BOP12 18, 2014 - URL [ edit ]

文伽さん、おはようございます。

ハリー・コニックjr.をはじめて見たのは映画「メンフィスベル」でした。
第二次大戦中、イギリスからドイツを攻撃するアメリカ軍の爆撃機隊の話でした。

爆撃精度を上げるため、昼間出撃しかも戦闘機の護衛なしで出撃していく爆撃機の乗組員として、ハリー・コニックjr.は出演していましたね。
決死の任務は実話だったと思います。
劇中ピアノの弾き語りもありました。

危険な任務と知りつつ一歩も退かず、それを繰り返し引き受けざるを得ない勇気ある男達。
仲間が次々撃墜される中、任務を遂行するハリー。

しかもピアニスト。
歌まで歌う(シナトラに似過ぎだけど)。
名前も知りませんでしたが、なんだこいつ、かっこいいな、と思いました。

By アクアマリンちゃん12 18, 2014 - URL [ edit ]

こんばんわ~
ハリーの歌声を聴いて
うっとりしている文伽さんが目に浮かびます!
クリスマスっていうと
大事な方と甘い時間を・・・が理想ですが
私もスタイリスティックスのライブです。
甘~いファルセットボイスを聞いてきますね♪

By 文伽12 19, 2014 - URL [ edit ]

コメントありがとうございます。(^^)

バップ男爵、早起きですね~(笑)。
もの凄い低気圧がこの2日間、北海道に居座っていましたが、
大丈夫でしたでしょうか。

あ、バップ男爵が初めてハリーをお知りになったのは、
映画の方だったのですね。
私はまだハリー出演の映画は見たことがありません。
『メンフィスベル』という戦争映画にも出ていたのですね。
映画の中でもピアノの弾き語りの場面があるのですか。
戦争映画は苦手だけど、ちょっと見てみたくなりました(笑)。

私が最初にハリーを知ったのは、
昔、女性ファッション誌のディスクレビューの記事で
彼の『20<トウェンティ>』が紹介されていたから。
当時の私は20代で、まだジャズにはそこまで興味はなく、
ハリーのアルバムを買うこともなかったのですが、
そのアルバムジャケットのハリーの男前ぶりは強烈に印象に残り(笑)、
名前だけは何故か覚えちゃいましたね。

その後グラミー賞を受賞したり、映画にも出演したりと、
その活躍ぶりはメディアを通して幾度と伝わってきましたが、
実際に彼のアルバムを手にしたのは、
2009年のこの『YOUR SONGS』が初めて。(^^ゞ
実に20年かかりました(笑)。

確かに彼の歌い方はシナトラにかなり影響されてますね。
まぁまぁそこはシナトラが偉大すぎる、ということで。(^^ゞ

By 文伽12 19, 2014 - URL [ edit ]

コメントありがとうございます。(^^)

> ハリーの歌声を聴いて
> うっとりしている文伽さんが目に浮かびます!

ハイ、何だかんだと云ったところで、
シンガーは男前であるに越したことはございません(笑)。
天は二物を与えるものなのですねぇ…i-175

> クリスマスっていうと
> 大事な方と甘い時間を・・・が理想ですが
> 私もスタイリスティックスのライブです。
> 甘~いファルセットボイスを聞いてきますね♪

何ですと!今年もまたスタイリスティックスの
クリスマスライヴに行かれるのですか!
ズルイ~(笑)。
いや~やっぱりライヴっていいですよね~。
思う存分楽しんできてくださいね~♪
ライヴレポートも楽しみにしてますよん。(^O^)/

By BARON DE BOP12 19, 2014 - URL [ edit ]



私のはちょっと危ない目な発言に見えますね。
宴会での言いたい放題と違い、
こういう場でのニュアンスの伝わり方って、
微妙なすれ違いが簡単に発生しますから。
余計な事を言わないようにしないと・・・

特に私はハリー・コニックjr.に対して批判的な気持ちなど一切なく、実際のところ相当好きなんですよ。
数えてみたらCD5枚ありました。
クリスマスアルバムまでありました。
「恋人たちの予感」のサウンドトラックなんてのは名盤入りしてます。


冬の嵐で散々おどかされましたが、札幌はまったく何事も起きませんでした。
市内の小学校が全部休校となり、子供たちは喜んだことでしょう。

では、今朝は仕事が早いのでこれにて。



By 12 19, 2014 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By 文伽12 19, 2014 - URL [ edit ]

コメントありがとうございます。(^^)

いえいえ、私の方こそ誤解を招くような表現があったかもです。(^^ゞ
ごめんなさい。
バップ男爵がハリーに対して批判的だとか、
そんな風には感じてはおりませんので、どうかご安心を…。
そもそもハリーのことが嫌いだったり、大して興味のない方が、
こんなにハリーについて語ってくれるはずもないですから。(*^^*)

それどころかCD5枚もお持ちだなんて、相当お好きですね(笑)。
そうそう、ハリーはクリスマスアルバムも出しているんですよね。
「恋人たちの予感」のサントラも良さそうですね。
買い物リストに入れておきます(笑)。

冬の嵐、札幌の方は大したことなくて良かったです。
でもこれからが冬本番。
どうぞ気を付けてお過ごしくださいね。

By 文伽12 21, 2014 - URL [ edit ]

コメントありがとうございます。(^^)

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

文伽

Author:文伽
★性別:女性
★星座:獅子座
★血液型:O型
50代の独りモンです。
主に35歳以上の女性に向けて美容・健康・ライフスタイルに関する情報を発信しています。

管理人の姉妹ブログ
PR
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
PV
おすすめの本


脱化粧品、脱シャンプー、
脱せっけんの宇津木式美容法が、
これ1冊でまるわかり!
→レビュー記事はこちら



知っている人は知っている
「お金の法則」。
お金と相思相愛になりたい方、
必読です!
→レビュー記事はこちら



野心、忘れていませんか?
現状維持もいいけど、
今よりちょっと
上を目指して歩いてみませんか?
→レビュー記事はこちら



杉浦日向子の語る
江戸の粋と心意気。
貴方のの心を軽やかにする1冊。
→レビュー記事はこちら



ほうれい線が消える!小顔になる!
毎日のマッサージ習慣が
-5歳肌を作ります。
→レビュー記事はこちら
→関連記事はこちら

当ブログについて

当ブログはリンクフリーです。
どのページにもご自由にリンクして頂いて結構です。
ただし写真や画像への直リンクはご遠慮頂きますようお願いいたします。

当ブログの内容・写真及び画像の無断使用は固くお断りいたします。

当ブログの記事に関連性のない内容のコメント、及び誹謗中傷の類と判断したコメントに関しましては、削除させて頂く場合がございます。どうぞご了承くださいませ。

→以下詳細、免責事項はこちら

PR
管理人使用のセキュリティソフト

マカフィー・ストア
当ブログ使用のフリーフォト

Fotolia
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。