スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京駅とバルチュス

06 24, 2014 | Tag,東京駅,バルチュス,
前回の記事でもチラとお伝えした通り、
先週久々に東京に行ってまいりました。
2泊3日の滞在でしたが、
内2日はみっちりセミナーが入っておりましたので、
フリータイムは初日のみ。

という訳で、
今回は東京での束の間のフリータイムのことを書こうと思います。

…そういえば、飛行機に乗るのも久しぶりでございます(笑)。
空港に来ると何となくドキドキしちゃいますね~。
行きの飛行機は窓際の席でした。
上空の青がとてもきれいだったので、思わずパチリ。

自己メンテ・旅

羽田に着いたのは、お昼をちょっと回った頃。
まずは綺麗になった東京駅を観ようと、山手線で向かいました。
これまで東京は何度か訪れていますが、東京駅に来るのは初めてかな。

自己メンテ・旅

確かに見事な建物ですね~。素晴らしいです。

自己メンテ・旅

そしてこちらがドームの円天井。

自己メンテ・旅

しかしこうやって駅や構内をボストンバッグ片手に写真撮っているなんて、
お上りさん丸出しだわ(笑)。

さてお腹が空いてきたので、東京駅内のレストラン街で
ランチを取ることに。
お店の名前は忘れちゃいましたが、
落ち着いた雰囲気の定食屋さんに入りました。
オーダーしたのは「下町オムレツ定食」。

自己メンテ・旅

オムレツの中にはひき肉と玉ねぎが入っておりました。
玉子がフワフワトロトロで美味しかったですよ。
…ちょっとソースが私には辛かったけど(笑)。
カウンター席が掘りごたつ式で、とてもリラックスできます。
時間帯もランチのピーク時を過ぎていたので、
ゆっくりと食事することができました。

さてその後ホテルへチェックインして荷物を置くと、
バルチュス展観覧のために上野へ。
上野駅で間違えて不忍口から出て公園に入ってしまったため、
東京都美術館へ向かうのに延々と上野公園を歩くことに(笑)。
…公園を散歩するのは好きですが、何せ広い公園だったので、
美術館に着くまでに結構クタクタになってしまいました。(^^ゞ

自己メンテ・旅

時間はすでに17時近くになっていましたが、
東京都美術館は金曜日は20時まで開館しているので、
この時間になってもお勤め帰りの方たちなどが次々と訪れていましたよ。

展覧会は美術館の地下、1階、2階の3フロアに渡って展示されていました。
私がバルチュスを知ったのは、10代の後半に読んだ澁澤龍彦氏の本がキッカケでした。
それはモノクロームの小さな図版でしたが、
そこで見た「山(夏)」や「コメルス・サンタンドレ小路」「街路」といった作品は、
それまで見たことがないとても不思議な魅力をもつ絵画でした。

その後、日本でのバルチュスの認知度も高まり、
中でも特に少女を描いた作品が人気を博するようになりました。
…時に挑発的で危ういポーズを取るバルチュスの絵の中の少女たちは、
ほのかな性の目覚めと幼いエロスを観る者に感じさせます。
ナボコフ作「ロリータ」の装幀画にもなりましたね。

自己メンテ・旅

昔、熊本で催された何かの展覧会で一度、
バルチュスの本物を1点、観たことがありました。
…確か「トランプ遊びをする人々」という作品だったかと思いますが、
その絵画そのものが発する輝きと存在感に圧倒された記憶があります。

印刷ではなく本物を観ないと、バルチュスの本当の魅力や凄さは分からない。
なので今回、このバルチュス展を観られたことは、
本当にラッキーでした。

とかく少女の絵ばかりフォーカスされがちなバルチュスですが、
彼の風景画もまた素晴らしいものです。
とにかくいずれの作品においても彼の繊細で独特な筆のタッチ、
落ち着いた深い色調、光と影のコントラストの表現…ほんとに美しくてため息が出ましたよ。

…という訳で、やっぱりカタログも買ってしまいました。

自己メンテ・旅

バルチュス展はこの後7月5日から9月7日まで
京都市美術館で開催されます。
お近くにお住まいの方は是非どうぞ!(^_-)

…とまぁこんな感じで、今回の東京の旅はお遊びの時間は少なかったのですが、
とても密度の濃い充実したひとときを過ごせました。
今度来る時は完全にお遊びで来たいですね~。(*^^)v


バルチュス展 公式サイト


関連記事
2 CommentsPosted in
-2 Comments
By アクアマリンちゃん06 24, 2014 - URL [ edit ]

こんばんわ!
仕事とはいえ東京を満喫されましたね~
東京駅の丸天井、私も写しましたよ。
この場に立つと皆お上りさんになります(笑)
制約された時間の中、美術館にも足を伸ばして。
文伽さんって本当に素敵女!
バルチュスの描く少女たちの醸し出す色気、
私も本物を観たいって思いました。

By 文伽06 25, 2014 - URL [ edit ]

コメントありがとうございます!(^^)

ほんとに今回はフリータイムが少なくて…
もっとあちこち行きたかったなぁ(笑)。

> 東京駅の丸天井、私も写しましたよ。
> この場に立つと皆お上りさんになります(笑)

東京の方でもやっぱりあれを見たら写真撮りますよね!
安心しました~(笑)。

バルチュスは昔から大好きな画家でしたので、
本物が観られてホントに嬉しかったです。
様々な展覧会が観られるということでは、東京の方が羨ましいですね。

> バルチュスの描く少女たちの醸し出す色気、
> 私も本物を観たいって思いました。

東京都美術館のこのバルチュス展での作品へのライトの当て方や
展示作品の順路などがとても工夫されていて観やすく、
その点も素晴らしかったですね。
残念ながら東京での展覧会は終わってしまいましたが、
7月から京都市美術館を巡回するようなので、
この夏、京都旅行を兼ねて観に行かれては?(*^^)v

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

文伽

Author:文伽
★性別:女性
★星座:獅子座
★血液型:O型
50代の独りモンです。
主に35歳以上の女性に向けて美容・健康・ライフスタイルに関する情報を発信しています。

管理人の姉妹ブログ
PR
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
PV
おすすめの本


脱化粧品、脱シャンプー、
脱せっけんの宇津木式美容法が、
これ1冊でまるわかり!
→レビュー記事はこちら



知っている人は知っている
「お金の法則」。
お金と相思相愛になりたい方、
必読です!
→レビュー記事はこちら



野心、忘れていませんか?
現状維持もいいけど、
今よりちょっと
上を目指して歩いてみませんか?
→レビュー記事はこちら



杉浦日向子の語る
江戸の粋と心意気。
貴方のの心を軽やかにする1冊。
→レビュー記事はこちら



ほうれい線が消える!小顔になる!
毎日のマッサージ習慣が
-5歳肌を作ります。
→レビュー記事はこちら
→関連記事はこちら

当ブログについて

当ブログはリンクフリーです。
どのページにもご自由にリンクして頂いて結構です。
ただし写真や画像への直リンクはご遠慮頂きますようお願いいたします。

当ブログの内容・写真及び画像の無断使用は固くお断りいたします。

当ブログの記事に関連性のない内容のコメント、及び誹謗中傷の類と判断したコメントに関しましては、削除させて頂く場合がございます。どうぞご了承くださいませ。

→以下詳細、免責事項はこちら

PR
管理人使用のセキュリティソフト

マカフィー・ストア
当ブログ使用のフリーフォト

Fotolia
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。