スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金の話 ~仕事論のプロローグに代えて

04 14, 2014 | Tag,お金,仕事,幸せ,引き寄せの法則,
消費税が上がって半月が経とうとしています。

各種業界も昨年度の同時期に比べて売上が何十%落ちているのどうのと
早くも影響を伝える報道がなされています。
…やはり3月に増税前の駆け込み需要もあったことだし、
しばらくはその反動があるのは仕方のないことでしょうね。

私はといえば…消費税アップの前に何かまとめ買いしたかというと
今回特に何も買いませんでした。
…というか前回、3%が5%にアップする時も同様だったと思います。
いつも通り買いたいものがあれば買うし、なければ買わない。
自分の正常な欲求以外のところで何かに扇動されて買い物に走ると、
反って無駄遣いしそうでイヤなのですね。(^^ゞ

ところで今回の消費税アップ後の人々の消費傾向を見ると
どうも一概に安物に走るというよりは
むしろ品物をより吟味して品質に自分が納得すれば少々高くでも買う、
逆に納得できなければどんなに安くても買わない、という方向へと
変わりつつあるのではないか?と感じます。
よりクオリティ重視になってきているということです。
特に食品などは安心、安全なものを求める人が
昔よりも断然増えてきたように思います。

…というかこれはもう消費税アップする前から
近年こういう消費行動に移行する人々が増えているように感じるのですが、
いかかでしょうか?
個人的にはこれはとても良い傾向ではないかと思っていますし、
これこそが正しい消費行動だとも思います。

ただどうしてもしばらくは消費が冷え込むでしょうし、
そうなるとまた景気が悪化しそうでイヤですね。
消費税がアップした途端、早くも倒産する企業が出始めているようです。
しかも上場企業が…。
企業が倒産すればそれに伴う失業者も出る。
失業者が増えればまた社会保障費の負担も増える。
消費税アップの増収分は全額社会保障費に充てるということですが…
果たして追いつくのでしょうか?

それでなくとも年金をはじめとした将来への不安から、
20代のうちから堅実に貯金して将来に備える若者も多いと聞きます。
…20代なんて、もっと自己投資して経験を積まなければいけない世代なのに。

第一、極端な倹約→貯金という行為はお金の流れを止めてしまうものなので、
逆にその人の金運を悪くしてしまうそうなのですよ。
お金はそもそも世の中の様々な取引や商売の中で活発に動き流れることが大切なので、
その流れが滞ってしまうと、まるで溜まった水と同じように腐ってしまうと。
お金がスムーズに流れなくなった国は衰退するのです。
…そしてそれは個人も同じ。

お金は出さないと、新たに入ってこない。
…これはどうもお金の基本的な法則らしいですよ。

という訳で今回は“お金”の話。
…ちょっと長くなりそうなので、
ここから先はお金と相思相愛になりたい方だけ
お読みくださいませ。(^_-)

実は今回はある人の書いた本をレビューする形で
“仕事”をテーマに記事を書くつもりでした。
そしてこれは「仕事論」として何回かのシリーズで
お届けしようと思っているものです。
…しかし先日たまたま本屋で目に留まったある本を読んで、
仕事とは切っても切れない関係にある“お金”について、
まず意識を変える必要があるのではないかと思ったのです。

お金に対する意識や考えが変わらなければ、
仕事に対する意識や考えも変わらない。
そう云っても良いかも知れません。

でも正直、お金について語るのはちょっと勇気が要ります。
特にこの日本ではお金について語ることは、
ともすると下品なことだと思われがちです。
お金が欲しい!とか、お金儲けしたい!なんて堂々と云おうものなら、
何か冷た~く横目で見られそうですよね(笑)。

でも実際、私たちは生活していくために
仕事をしてお金を稼がなくてはいけません。
そしてより良い生活をするために、より高い収入を望むのは自然なことです。
…ただそのために過酷な労働や長時間労働するのは…どうなのでしょうか?
もちろんその仕事が好きで情熱をもって取り組んでいる仕事であれば
それも苦にはならないでしょう。
…でもこの世の中でほんとに好きな仕事、やりたい仕事に就けている人は、
どのくらいいるのでしょうか…。

「やりたいことや夢はあるにはあったけれど…でもそれじゃ食べていけないから、
安定した給料をもらえる今の仕事をやっているのよ。
 …それが現実ってもんでしょ」
「フリーで働いたり起業したりできるのは一部の才能や才覚のある人たちだけよ」

…そう考える人は多いのでしょうね。
私もかつて才能と現実の壁にぶつかって夢を諦めた人なので
そう考えてしまうのは痛いほど分かります。

私が約10年前、若い頃から抱き続けた夢を諦めた経緯については、
以前こちらの記事(→  )に詳しく書いたので今回は省きますが、
…でも私がそうやって夢を諦めた後に就職し、定年まで勤めようと思っていた会社が、
私が入社して数年後に大手企業と合併し、その一年後には経営合理化のために
地方の支店の幾つかの閉鎖を決め、社員のリストラを始めたのです。
私も含め契約社員は皆リストラの対象となり、熊本支店も閉鎖されました。

私が働いていたその会社はそれなりに名の知られた企業で、
契約社員とはいえ原則契約は更新されていましたし、
少しだけれどボーナスもあって、成績が良ければさらに報奨金も出ました。
仕事内容も私に合っていて、面白くやりがいもあったので、
私は定年までずっとその会社で働くことを望んでいたのです。

それがまぁ…まさかああいうことになろうとは。
あの時、自分の意思とは無関係に仕事を失ったことは、
私の人生を振り返ってもとてもショックな経験でした。
私は改めてそこで“仕事”について、
“いかにどのような形で働くべきか”について考えることになるのです。

そしてその自分への問いかけは
あれから数年経った今も心の奥底で続いています。
「どのように働いてお金を得ることが私にとって幸せなのか?」

あなたは今、好きな仕事に就けていますか?
よくお給料のことを“ガマン料”とか表現することがありますよね。
…でも実際お給料のことをそんな風にしか思えなかったら、
それは幸せなことではありませんよね。

だって1日のうちで仕事の占める時間はかなりのものでしょう。
それがもし“我慢”の時間になっているとしたら…。
そもそも何故我慢するのか。
それはだって…生きていくためにお金が必要だから。

生きるために仕事をしているのだけれど、
仕事をしている時はきつくて辛くて生きている気がしない…なんて、
何でこんなことになっちゃうんだろう?と思う時はありませんか。
できれば仕事の時間も…というより、
仕事こそがワクワクする程楽しくて、
たとえきつくても辛くてもやりがいのある大好きな時間にならないものだろうか?

そして単に生きるためだけではなく、
ゆとりのある充実した人生を送るために
少しでも高い収入を得られないものだろうか…。

好きな仕事をしながら、高い収入も得る。
働く人は誰もがそんな人生を望んでいるはずです。

お金はあって困るものではない。沢山あった方が良いのです。
誰もが皆お金は欲しいし、お金が好きなのです。

「お金が欲しい~」なんてあからさまに人前で云えない人も
例えば「あ~宝くじが当たらないかな~♪」とは云ったことはあるでしょ?
それは「お金が欲しい~」と云っているのと同じですからね(笑)。

正確にはお金が欲しいのではなく、
お金と引き換えに得られるものが欲しい訳です。
お金があれば欲しいものが買えるし、行きたい所に行けるし、
やりたいことも思いっきりやれる。

でも「お金で幸せは買えないでしょ?」とか、
「お金持ちが幸せとは限らない」とか、お決まりのセリフをおっしゃる方もいる。

私はお金である程度までの幸せは買えると思いますよ。
…でも「愛」や「友情」はお金では買えません。
そういう幸せはお金では確かに買えません。

でもお金であなたの愛する人を助けたりすることは…できるのです。

もしあなたがどこか少しでも“お金”にマイナスのイメージを持っているのなら
まずはそれを取り払うこと。
そして素直に“お金”が大好きだと認めること。
とにかくまず“お金を好き”にならないと、
あなたが“お金から好かれる”人になれないそうなのですよ。

という訳で、そんな「お金の法則」を教えてくれるのが
今回私が読んだこの本。


なぜかお金を引き寄せる女性39のルール

お金に対するマイナスイメージを取り払い、お金に対する認識を変えるだけで、
徐々にお金に縁のある人生に変わっていくと、
この本の著者、ワタナベ薫さんは書いておられます。

このワタナベ薫さんという方は、
かつては家計簿とにらめっこしながら10円20円の節約に励んでいた平凡な主婦。
それがある時期からブログを始め、そこで情報を発信しながら、
自らも自己啓発やコーチングの勉強をし目標達成の方法を学ぶうちに
自然と「お金の法則」というものが分かっていき、
それを実行するうちに今度は実際にその後の人生が変わり始めたそうです。
現在は起業もして、メンタルコーチとしてセミナーで日本中を廻る日々を送っているそう。
貧乏暮らしともサヨナラし、好きなことを仕事にできて充実の毎日だそうです。

「お金の法則」が分かり、お金に好かれる意識や言動、行動を心掛けるようになったら、
実際に運命が良い方に回り始め、好きなことで仕事がもらえるようになり、
起業もして、経済的にも豊かになったワタナベ氏。
好きな仕事で生きていくための下準備として「お金の法則」を知っておくことは
とても大切なことではないかと私は思いました。

実際にこの本を読了して私は非常に頭がスッキリするのを感じましたし、
お金大好きを自認する(笑)この私ですら、
まだどこかにお金に対するマイナスイメージや抵抗感が残っていたことに驚きもしました。
それらをすべて取り払っていいのだと分かった時、
とても気持ちが楽になりましたし、自由にもなりました。

この本にはお金を引き寄せるための正しい意識の持ち方から、
お金に対するブロック(抵抗感や罪悪感)を外す方法、
お金を引き寄せる9つの習慣、お金の「流れ」が悪くなった時の対処法などが、
39の項目に分けて明解に書いてあります。

何も難しいことはありません。
この本に書いてある多くのことは普段のモノの感じ方や使う言葉、行動に
ちょっと意識的になるだけでできることばかりです。
とにかくできることから実行してみると良いと思います。

この中には既に私が意識的・無意識的に実行していることも幾つかありましたが、
それらを「あ、やっぱりこれはやって良いことなのね!」と改めて確認できましたし、
逆に気にしていたことや迷っていたことを「気にしなくていいんだ」とか、
「これはこう考えればいいんだ」と気付かせてくれましたね。
もちろん私の考え方や感じ方の明らかな“間違い”も分かりました。

お金は世の中に溢れており、そして流れています。
そう、お金は天下の回りもの。
そのお金の流れを自分の方へ“引き寄せる”方法。
知っていた方が絶対に「お得」ですよ。(^_-)


自己メンテ・仕事について
桜の次はつつじの季節。我が家の庭のつつじもきれいに咲いてました。





関連記事
-4 Comments
By アクアマリンちゃん04 15, 2014 - URL [ edit ]

こんばんわ~
私もお金が好きです!
っていうと誤解されやすいので公言はしませんが。
お金は生活や人生を彩りの良いものにしてくれると思っています。
それと、前にこんなことを聞きましたよ。
お金は寂しがり屋さんだから
お金が好きで大切にしてくれる人の処に集まるって(笑)

By 文伽04 15, 2014 - URL [ edit ]

コメントありがとうございます。(^^)

> 私もお金が好きです!
> っていうと誤解されやすいので公言はしませんが。
> お金は生活や人生を彩りの良いものにしてくれると思っています。

良かったぁ~。お金大好きと云ってくれる人がいたよ~。
共感して頂けてとてもうれしいです!(*^_^*)
私も今回の記事は誤解されることも覚悟の上で書きましたので。

お金のことを書くのは難しいですね…。
お金に対して悪いイメージを抱く人がいるのは、
汚い稼ぎ方や遣い方をする人が一部にいるからなのでしょう。
ある意味お金にはその人の品性、センスや美意識が表れます。
スマートなお金の遣い方ができる大人は素敵ですよね。

> お金は寂しがり屋さんだから
> お金が好きで大切にしてくれる人の処に集まるって(笑)

なるほど~。これは益々お金を愛さないと(笑)。
ちなみにお財布はお金にとって「ホテル」のようなものなので、
いつもちゃんと整理してきれいにしているとお金が喜ぶらしいですね。
そして「ホテル」ということは出たり入ったりする訳です(笑)。
なので、入ってきた時は「こんにちは~待ってたよ~❤」と歓迎して、
出て行く時は「ありがとう。また人様の役に立つんだよ~♪」と笑顔で送り出したいですね!(^^)

By komako04 16, 2014 - URL [ edit ]

私も読んでみますね!

By 文伽04 16, 2014 - URL [ edit ]

コメントありがとうございます。(^^)

ぜひぜひ読んでみてください!
そして…
お互いを大事に思いつつ、束縛しない。
お金とそんな素敵な関係になってくださいね!(*^^)v

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

文伽

Author:文伽
★性別:女性
★星座:獅子座
★血液型:O型
50代の独りモンです。
主に35歳以上の女性に向けて美容・健康・ライフスタイルに関する情報を発信しています。

管理人の姉妹ブログ
PR
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
PV
おすすめの本


脱化粧品、脱シャンプー、
脱せっけんの宇津木式美容法が、
これ1冊でまるわかり!
→レビュー記事はこちら



知っている人は知っている
「お金の法則」。
お金と相思相愛になりたい方、
必読です!
→レビュー記事はこちら



野心、忘れていませんか?
現状維持もいいけど、
今よりちょっと
上を目指して歩いてみませんか?
→レビュー記事はこちら



杉浦日向子の語る
江戸の粋と心意気。
貴方のの心を軽やかにする1冊。
→レビュー記事はこちら



ほうれい線が消える!小顔になる!
毎日のマッサージ習慣が
-5歳肌を作ります。
→レビュー記事はこちら
→関連記事はこちら

当ブログについて

当ブログはリンクフリーです。
どのページにもご自由にリンクして頂いて結構です。
ただし写真や画像への直リンクはご遠慮頂きますようお願いいたします。

当ブログの内容・写真及び画像の無断使用は固くお断りいたします。

当ブログの記事に関連性のない内容のコメント、及び誹謗中傷の類と判断したコメントに関しましては、削除させて頂く場合がございます。どうぞご了承くださいませ。

→以下詳細、免責事項はこちら

PR
管理人使用のセキュリティソフト

マカフィー・ストア
当ブログ使用のフリーフォト

Fotolia
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。