スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々雑感

03 02, 2014 | Tag,休養,ソチオリンピック,
早いもので今年も3月に入りました。
熊本はここのところポカポカ陽気が続いておりましたが、
また明日頃から寒の戻りがありそうです…。
う~辛い。
もちろんこのまま暖かくなるという甘い考えはありませんが、
この冬の寒さにはホント参りました。
1日も早い春の訪れを待ちわびる私です…。

その寒さに体力を消耗したのか先月私は少々体調を崩し、
実に数年ぶりに歯医者以外の医者に診てもらいました。
診断は感染性胃腸炎。
は?という感じでしたが、医者がそういうのだから仕方ない。
会社にその旨報告すると、用心のため1週間休んでくれと云われる。
さらにノロウイルスの検査も受けてくれだと。

あの~ノロの検査は保険きかないし、
1週間休むのもまだ有給の付いていない私にはちとキツイんですが…
という言葉をグッと飲み込み、転んでもタダでは起きぬと
この際降って湧いた休暇(?)を存分に活用(?)することにいたしました。

感染性胃腸炎とはいっても今回の症状は極めて軽く、
一晩お腹がゆるくなった位で、後は少々胃がムカついて食欲が落ちた程度。
私はてっきり食当たりか何かかと思ったのですが。

とはいっても一応病気で休んでいる訳ですし、
医者に行く以外は特に外出もできないので、
基本ゆっくりと休養しておりました。
それで体がリフレッシュしたのか、
なんと昨日約5ヶ月ぶりに来客がありました…(笑)。
そのうち危うく「私どうも閉経したようでございます…」
みたいな記事を書くところでしたよ。
転職して以来の日々の忙しさで、お客さんも遠慮していたのか…。
来客の無い日々はそれはそれで身軽でよろしゅうございましたけれど。
…まぁでもこうして来客があったりなかったりしながら、
徐々に閉経してゆくのでしょうねぇ。

久しぶりに家でゆっくりする時間を持てたことで、
色々なことを考えもしました。
思えば先月は亡き母の誕生月でもありました。
…生きていれば82歳。
母が他界してもう18年になろうとしています。
ほんとにろくに親孝行もできぬまま、母はこの世からいなくなりました。
そのことは今でも悔やまれます。
せめて母から授かったこの命を大切にして私なりの人生を謳歌することこそが
母への恩返しになるのではないかと思っています。

家にいたのでテレビでソチオリンピックも結構観ることができました。(^^ゞ
今回私は羽生結弦選手と平野歩夢選手という2人の少年が特に印象に残りました。
…まぁ羽生選手はもう限りなく青年に近いですが、
童顔だしギリギリ10代ということで“少年”カテゴリに入れちゃいます(笑)。
オリンピックという舞台は彼らのような若い命の輝きが眩しい大会でもあります。

スノーボードに乗って軽々と宙に舞う平野選手。
一瞬でも重力から解放され高々と飛び上がるその彼の背中に
私は間違いなく“羽根”を見ました。(^^ゞ
彼のその顔立ちや醸し出す雰囲気にも、
自らの無限の可能性を信じる少年期特有のある種の“傲慢さ”があって、
それが何とも…良いですねぇ(笑)。

羽生選手も少年期の男性が持つ危うい魅力を存分に発散させていましたね。
ショートプログラムでは哀愁を帯びた大人っぽい選曲も相まって、
“少年”と“青年”との境を行きつ戻りつするような魅力が
観る者を翻弄しました。
変わってフリープログラムで今度は細身の体にヒラヒラキラキラした衣装を身に纏い、
イナバウアーやビールマンスピンといった男子が余りやらない技をも盛り込むことで、
これまた少年期特有のアンドロギュノスな魅力を体現しておりました。

インタビューの受け答えなどを見ると、
羽生選手はとてもしっかりとした考え方をする頭の良い人であることが分かります。
生まれ育った宮城県が先の震災で被災して、
一時はスケートを続けることも悩んだとのことですが、
被災地を勇気づけ励ますためにも滑ると決心した彼のスケートには
確固たる力強さがありました。

同じくフィギュアの高橋大輔選手は今回が最後のオリンピック。
私は彼の芸術的でフェロモンたっぷりな演技が大好きなのです。
日本男子がフィギュアスケートのような西洋発祥の競技において、
あのように男性の色気をアピールする演技ができるようになるなんて、
実に画期的なことだと思いますよ。
今回は多少のミスはありましたが、とても良い表情で演技していましたね。

そして何といっても浅田真央選手。
ショートの信じられないミスから1日で精神面を立て直して
フリーをノーミスで滑り切ったのはほんとに凄い。
特にあのトリプルアクセルを始めとした6種の3回転を合計8回跳んだ演技は
まさに圧巻でした。
彼女は2年前にお母様を亡くされたとのことで、
精神的にもとても辛い時期を乗り越えてこられたのだと思います。
今回のフリーの見事な演技にはお母様も天国で拍手喝采されたことでしょう。

キム・ヨナ選手は相変わらす流麗でちょっとコケティッシュな演技を披露し、
思わずウットリと見惚れてしまいました。
…ただ4年前のバンクーバーから余り変化や進歩といったものは感じられず、
それが銀メダルに終わった、というところかも知れません。

最後にやはり葛西紀明選手。
…恥ずかしながら私はこれまで葛西選手のことを余り知りませんでした。
しかし今回7回目(!)のオリンピック挑戦で41歳で銀メダルに輝いたにも関わらず、
「これでまた平昌で金メダルを獲るという目標ができた」なんて…スゴイですねぇ。
まだまだ自分の可能性を信じて飛び続ける葛西選手。
風に乗って羽ばたくのは何も少年だけじゃあない。
中年だって羽ばたくのだ!

という訳で今回のソチオリンピックで日本は計8個のメダルを獲得しましたし、
内容的にもとても楽しめたオリンピックでした。
開会式や閉会式のセレモニーもロシアのクラシック音楽やバレエが好きな私には
もうご馳走のような演出でしたね。

…何だか“日々雑感”と云いつつ、
後半はすっかり“オリンピック雑感”といった感じになってしまいました。
失礼しましたぁ~。(^^ゞ


関連記事
-4 Comments
By クマの杯03 03, 2014 - URL [ edit ]

体調はもうすっかり回復されたのですね。
1週間の休息は天からの贈り物だったのでしょうか…
心身ともにリフレッシュされて、お客様(^^)もあったようで、よかったです。
私も、ソチタイムで…連日夜更かしばかりして、ついに夜型になってしまいました。韓国のSBS放送の、解説聞きながらで、少しストレスたまりましたが(笑)浅田選手のフリーの演技では号泣してしまいました。選手のみなさん、感動をありがとう~今でも動画探しては観ています。もちろん、羽生選手のも…過去にもさかのぼって、ジャスティンビーバーの曲とか吉田兄弟の三味線とか、多様な作品でかなり楽しませてもらいましたよ。

By 文伽03 04, 2014 - URL [ edit ]

コメントありがとうございます。(^^)

> 体調はもうすっかり回復されたのですね。
> 心身ともにリフレッシュされて、お客様(^^)もあったようで、よかったです。

お気遣いありがとうございます。(*^_^*)
胃腸炎の方は幸いノロウイルスでもなく回復しました。(^^)v
ただその後に来たお客さんが少々暴れまして…(笑)、
ここ2日間ほどちょっと不調でコメントの返信も遅れてしまいました。(^^ゞ

> 私も、ソチタイムで…連日夜更かしばかりして、ついに夜型になってしまいました。韓国のSBS放送の、解説聞きながらで、少しストレスたまりましたが(笑)浅田選手のフリーの演技では号泣してしまいました。

クマさんもオリンピック観る人なんですね!良かったぁ。(^^)
韓国のSBS放送の解説聞いてストレス…とは?
何か内容に問題があったのかな?(笑)
浅田選手のフリー、素晴らしかったですよね~。(*^^)v

> 羽生選手のも…過去にもさかのぼって、ジャスティンビーバーの曲とか吉田兄弟の三味線とか、多様な作品でかなり楽しませてもらいましたよ。

あ~いいですね~。私も昔の映像探してみようかな♪(^^)

By クマの杯03 04, 2014 - URL [ edit ]

>クマさんもオリンピック観る人なんですね!良かったぁ。(^^)

日本を離れているので特に、一生懸命応援しているのかもしれません。

>韓国のSBS放送の解説聞いてストレス…とは?
何か内容に問題があったのかな?(笑)

キムヨナ選手だけ特別扱いなんで。
何度も何度も繰り返して見せてくれるんですよ。
他国の選手のことは、厳しく見ていて、ミスの指摘に
余念がない(笑)羽生選手のことは、一応褒めてましたが、「女性っぽい外見が短所になり得る…」などという余計な解説が入ってました。
エキシビジョンのときにわざわざ、SPやFPのときの各選手のミスについて反芻したり、ソトニコワの旗がひっかかったことについても、「なんで(旗を)持って出てきたんでしょうかね」みたいな一言があったり、意地悪な解説でした。

By 文伽03 05, 2014 - URL [ edit ]

なるほど…日本を離れているから…ですね。
世界を相手に戦っている日本人を見て
自然に同胞愛が高まるのかも知れませんね。

> キムヨナ選手だけ特別扱いなんで。
> 何度も何度も繰り返して見せてくれるんですよ。

そうですか(笑)。
それだけ韓国の人にとってキム・ヨナ選手はスターであり誇りなんでしょうね。
私もキム選手の美しく滑らかなスケーティングは大好きです。
…ただ彼女のスケートは既にバンクーバーの時に完成されていた、という感じがしますね。
4年前がピークだったような気がします。

> 羽生選手のことは、一応褒めてましたが、「女性っぽい外見が短所になり得る…」などという余計な解説が入ってました。

あらあら(笑)韓国の人はやはりマッチョなタイプがお好みなんでしょうかね。(^^ゞ

> エキシビジョンのときにわざわざ、SPやFPのときの各選手のミスについて反芻したり、ソトニコワの旗がひっかかったことについても、「なんで(旗を)持って出てきたんでしょうかね」みたいな一言があったり、意地悪な解説でした。

ソトニコワ選手の旗は確かに…(笑)。
でももう少し中立的な大人の解説をして欲しいものですよね。
きっと…キム選手の銀メダルが余程悔しかったのでしょうね。(^^ゞ

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

文伽

Author:文伽
★性別:女性
★星座:獅子座
★血液型:O型
50代の独りモンです。
主に35歳以上の女性に向けて美容・健康・ライフスタイルに関する情報を発信しています。

管理人の姉妹ブログ
PR
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
PV
おすすめの本


脱化粧品、脱シャンプー、
脱せっけんの宇津木式美容法が、
これ1冊でまるわかり!
→レビュー記事はこちら



知っている人は知っている
「お金の法則」。
お金と相思相愛になりたい方、
必読です!
→レビュー記事はこちら



野心、忘れていませんか?
現状維持もいいけど、
今よりちょっと
上を目指して歩いてみませんか?
→レビュー記事はこちら



杉浦日向子の語る
江戸の粋と心意気。
貴方のの心を軽やかにする1冊。
→レビュー記事はこちら



ほうれい線が消える!小顔になる!
毎日のマッサージ習慣が
-5歳肌を作ります。
→レビュー記事はこちら
→関連記事はこちら

当ブログについて

当ブログはリンクフリーです。
どのページにもご自由にリンクして頂いて結構です。
ただし写真や画像への直リンクはご遠慮頂きますようお願いいたします。

当ブログの内容・写真及び画像の無断使用は固くお断りいたします。

当ブログの記事に関連性のない内容のコメント、及び誹謗中傷の類と判断したコメントに関しましては、削除させて頂く場合がございます。どうぞご了承くださいませ。

→以下詳細、免責事項はこちら

PR
管理人使用のセキュリティソフト

マカフィー・ストア
当ブログ使用のフリーフォト

Fotolia
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。