FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さいおうちの秘め事

02 21, 2014 | Tag,小さいおうち,恋愛映画
先日、久々に映画を観に行きました。

今回観た映画は山田洋次監督の『小さいおうち』。
つい先日、この映画で女中のタキ役を演じた黒木華さんが、
ベルリン国際映画祭の銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞したことでも
話題になったばかりですね。

自己メンテ・映画

この日行った映画館は熊本市中央区大江の『シネプレックス』。
上映時間の12:30まで30分少々時間があったので、
同館1階のオムライス専門店『ポムの樹』で急ぎランチを取ることに。
完熟トマトソースのオムライスを注文いたしました。

自己メンテ・映画

いいなぁ、オムライス。久しぶりだなぁ。
オムライスって日本特有のお料理らしいですね。
昔まだ私が小学生の頃、当時街中に『山小屋』という
店内で大きな水車が回っている洋食レストランがあって家族でよく行ったものですが、
そのお店で私がよく注文していたのがオムライス。
そしてデザートはバナナパフェ(当時のメニューの表記はバナナサンデー…昭和っぽい?)
というのが子供の頃の私の定番でしたね。

この日観る『小さいおうち』は上映時間が145分とちょっと長いので、
途中トイレに立つことのないよう(笑)ドリンク抜きでオーダー。
注文して直ぐにサラダが着。
それをササッと平らげると、5分もしないうちにオムライスが着。
中身はシンプルなバターライスなのでパクパクいけます。
こちらも10分もしないうちに完食。
時計を見ると12:20。…オッケー、余裕だわ♪

…そういえば女性の中には1人でランチはおろか
カフェにも入れないという人、結構いるみたいですね。
私はカフェはもちろん、こういうカジュアルなお店でランチするのは
1人でも全然平気。
…さすがにちょいと気どったフレンチやイタリアンでは無理ですけどね(笑)。

さてお腹も落ち着いたところで映画鑑賞。
私、山田洋次監督の映画を映画館で観るのはこれが初めて…と思っていましたが、
実は昔、『武士の一分』というキムタク主演の時代劇を観ていましたわ。(^^ゞ
あの映画も良い映画でしたね。
とにかく今回は上映時間が長いので、途中でダレたり退屈したりしないかと心配でしたが、
昭和初期のレトロな雰囲気に浸りながら最後まで心地良く楽しく観られました。

…何が心地良いかって、この時代の特に女性の美しく丁寧な話し言葉。
言葉とは知性と品性を物語るものだと改めて感じました。
それと当時の女性の手の仕草がとてもエレガントできれい。
お料理をしたり、テーブルにお茶やお料理を出したり、拭き掃除をしたり、
日常の中での何気ない動作や仕草がとても慎ましやかで美しいのです。
…このあたりは山田監督が女優さんたちに厳しく指導なさったのでしょうね。
見事です。

この平井家の“小さいおうち”で働く女中のタキを演じる黒木華さん。
なるほど、素晴らしいです。
雪深い山形の田舎から東京に出てきて、1年間作家さんの家で奉公した後、
赤い屋根がモダンな平井家で働くことになるタキ。
平井家のご主人、その奥様、小さな息子さんの3人に健気にひたむきに尽くすタキは
特に平井家の美しい奥様、松たか子演じる時子に
いつしか恋心にも似た憧れを抱くようになります。
…そのモダンで垢抜けた東京の大人の女性に憧れる素朴な田舎娘の雰囲気を
黒木さんがとても上手く表現なさっています。

その4人が暮らす“小さいおうち”に
平井家の主人の部下の板倉という青年が出入りするようになります。
芸大出の芸術家肌で、同じ会社に勤める他の男性とは雰囲気を異にする板倉を
時子は最初に出逢った日から意識します。
…そしていつしかお互いに惹かれ合うようになる…。

この映画には濃厚なラブシーンといったものはありません。
ただちょっとした状況描写で、時子と板倉の間に情事が存在することを暗示し、
観るものに艶っぽい想像をさせるのです。
そして時子、板倉、タキの3人の微細な心の動き、感情の揺れを
丁寧に細やかに描くことで、この映画の秘めやかな官能性を高めています。

…いいですねぇ、こういう演出。好きですねぇ。
山田監督といえば何といっても“寅さん”シリーズが有名で、
ハートウォーミングなヒューマンドラマを得意とする監督、というイメージでしたが、
このような恋愛感情の描写もお上手とは。
…でも考えてみれば元々人間模様や繊細な心のひだを描くのが得意な方なのですから、
それが恋愛であろうと同じことですよね。
それにしても今年82歳になられる山田監督が、
このように香り立つような禁断のラブロマンスを演出されるなんて素敵です。

生々しい濡れ場を描くよりも、
人が人を求めるその狂おしい想いを丹念に描くことで
より深く純度の高いエロティシズムを映画に宿すことができる…。
山田監督の演出は改めてそのことを再認識させてくれます。

しかしこの“小さいおうち”の奥様に秘められたロマンスは道ならぬ恋ゆえ、
平和な家族を壊しかねない危険な爆弾でもある。
このおうちの家族を崩壊から守るため、
女中のタキは最後に1度だけ、それまで従順に仕えてきた時子に背きます。
山田監督がそのキャリアの中で一貫して描いてきた“家族”というテーマが
この映画にもくっきりと立ち現れるのです。

さてこの映画のもうひとつの見所は、時子を演じる松たか子さん。
そもそも私にとってこの映画のお目当ても松さんを観ることでした。
昔フジの月9ドラマに出ていた頃の若い松さんにはあまり興味を抱けませんでしたが、
1~2年前にBS放送で松さんご出演の舞台を拝見してからは
演技力のある大人のいい女優さんになられたなぁ、という感想を抱きました。

松さんは特に完璧な美女という訳ではありません。
撮る角度や表情によっては、結構ファニーな顔に見えることさえあります(笑)。
…でも完璧でないからこそ見ていて飽きない。面白い。
私はどの角度から撮っても完璧なお顔というのは詰まらないので好きではないのです。
何というか、そういうお顔には新たな発見というかドキッとする瞬間がない。

松さんは目のあたりのホリが深く、頬骨が高いので、
それが彼女の顔に独特の陰影をもたらし、あの大きく澄んだ強い瞳と相まって、
時折ハッとするほどの艶やかな美しさと色気を見る者に感じさせます。
そして持って生まれた品の良さ、華やかさ、育ちの良さから来る独特の奔放さでもって、
この時子という女性をこれ以上ない程、説得力充分に演じておられます。
何か女優としての“格”というか、ある種の貫録すら感じます。
まさに期待通り、松さん演じる時子、魅力的でした。

あと記しておきたいのは音楽。
担当しているのはあの久石譲氏。
エンドロールに流れるアコーディオンのワルツで、素晴らしい余韻が残ります。

素敵な映画を堪能した所で映画館を後にし、
街中のドトールカフェでちょっとひと休み。
ドトールはブレンドのSサイズが200円で飲めるのがありがたいですねぇ。
しかも紙コップではなく磁器のカップで。

その後せっかくなのでちょいと本屋巡り。
…本屋だけにしておけばいいものを
ついふらふら~っとあるセレクトショップに立ち寄ったら、
1本の折りたたみ傘に一目ぼれ!
…そういえば今持っている折りたたみ傘、かれこれもう20年位使ってるんじゃ?
いい加減そろそろ替え時よね~と無理矢理自分を納得させ、
折りたたみ傘1本、予定外だけどお買い上げ~。

自己メンテ・映画

タッセルの飾りが気に入りました。とても軽いです。
東京の傘工房の製品だそうです。
これならおばあちゃんになっても使えそうですね~(笑)。
大事に使おうっと♪


小さいおうち 公式サイト






関連記事
4 CommentsPosted in 映画
-4 Comments
By クマの杯02 22, 2014 - URL [ edit ]

原作は読んだのですが、内容がよく思い出せない(笑)最近、読んでもすぐ忘れちゃうのです(涙)
文伽さんのレビューを読んで、映画のほうを観てみたくなりました。慎ましく美しい仕草…日々の積み重ねと心のもち方が大切ですね…一朝一夕では身につくものでなし、自分を振り返るといい年をしているのに恥ずかしいなあと思います。明日から…がんばろう…よいお話をありがとうございます。そして、上映時間が長い場合の飲み物を控えられるところ…共感しました(笑)

By 文伽02 23, 2014 - URL [ edit ]

コメントありがとうございます。(^^)

あ、原作読まれたのですか!すごい。
私はここ数年、とんと小説というものを読んでないんですよね…。
お恥ずかしい。(^^ゞ
物語の世界に入っていける心の余裕が…無いんでしょうね。
その点、映画だとまだ物語に入りやすいのかも知れません。

> 慎ましく美しい仕草…日々の積み重ねと心のもち方が大切ですね…一朝一夕では身につくものでなし

ほんとに。(^^ゞ
人前ならまだしも人の見てない所では…あ~あという自分(笑)。
私もダメですねぇ~。(~_~;)
メッキは油断するとすぐ剥がれますから、仕草にしても言葉づかいにしても
日頃から意識して気を付けたいですね~。

> 上映時間が長い場合の飲み物を控えられるところ…共感しました(笑)

ね?(笑) も~館内に飲み物持ち込むなんてとんでもないです。(^^ゞ
過去トイレを我慢できずに大事な場面を何度見逃したことか(苦笑)。
韓国では日本映画は結構上映されているのでしょうか?
チャンスがあったらぜひ観に行ってください!(*^^)v

By クマの杯02 24, 2014 - URL [ edit ]

日本映画もよく上映されているのですが、なにせ上映期間が短すぎて、いつも見逃します。ひどいときは一週間とか深夜だけだったり(笑)
ネットで観ている人が多いからかもしれません…
(不法ダウンロード)
日本帰国時にDVDレンタルして観ることにします!

By 文伽02 25, 2014 - URL [ edit ]

あ、そうなんですね!
上映期間が短かったり限られた時間帯だったりすると中々予定を合わせるのも大変ですものね。
次回の帰国時、もし覚えてたら…観てください!(笑)

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

文伽

Author:文伽
★性別:女性
★星座:獅子座
★血液型:O型
50代の独りモンです。
主に35歳以上の女性に向けて美容・健康・ライフスタイルに関する情報を発信しています。

管理人の姉妹ブログ
PR
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
PV
おすすめの本


脱化粧品、脱シャンプー、
脱せっけんの宇津木式美容法が、
これ1冊でまるわかり!
→レビュー記事はこちら



知っている人は知っている
「お金の法則」。
お金と相思相愛になりたい方、
必読です!
→レビュー記事はこちら



野心、忘れていませんか?
現状維持もいいけど、
今よりちょっと
上を目指して歩いてみませんか?
→レビュー記事はこちら



杉浦日向子の語る
江戸の粋と心意気。
貴方のの心を軽やかにする1冊。
→レビュー記事はこちら



ほうれい線が消える!小顔になる!
毎日のマッサージ習慣が
-5歳肌を作ります。
→レビュー記事はこちら
→関連記事はこちら

当ブログについて

当ブログはリンクフリーです。
どのページにもご自由にリンクして頂いて結構です。
ただし写真や画像への直リンクはご遠慮頂きますようお願いいたします。

当ブログの内容・写真及び画像の無断使用は固くお断りいたします。

当ブログの記事に関連性のない内容のコメント、及び誹謗中傷の類と判断したコメントに関しましては、削除させて頂く場合がございます。どうぞご了承くださいませ。

→以下詳細、免責事項はこちら

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。